DISTORTION 2 / DISTORTION 3 / DISTORTION 4

 

DISTORTION 2

2014年8月下旬、やまなみ工房のアーティストたちのポートレイト集『DISTORTION 2』をリリースします。2月に発売された写真集『DISTORTION』と同様、撮影はロブ・ワルバース、アートディレクションは諏訪睦(RISSI INC.)が担当。

 

 

DISTORTION 3

やまなみ工房とPR-yのコラボレーション・ファッションブランド『NUDE:PR-y』は『DISTORTION 3』と名称を改め、6月下旬にパリで15SSの展示会を開催します。今季もデザインを手がけるのはファッションデザイナーの丸山昌彦氏。フィーチャーするアーティストは、やまなみ工房の竹中克佳さん、岩瀬俊一さんなど。

 

 

DISTORTION 4

2014年7月12日・13日に開催されるART OSAKA 2014に、やまなみ工房が運営する「Gallery gufguf」が出展します。展示・演出はRISSI INC.諏訪睦が担当。併せてインスタレーション『DISTORTION 4』を開催します。

GLAY MOBILE

GLAY公式モバイルサイト『GLAY MOBILE』で、TAKUROが「NUDE:PR-y14SS」のジャケットを着用。

Get in touch

『Get in touch』テーマソングのPV撮影。東ちづるさん、ミッキー吉野さん、サルサガムテープのかしわ哲さんとマユミさんが「NUDE:PR-y」を着用して演奏。

 

DISTORTION

2014年2月6日の毎日新聞で「DISTORTION」が紹介されました。

2014年2月3日、写真集 DISTORTION が発売されました。

著 者 = 笠谷圭見 / ロブ・ワルバース

発行者 = 山下完和(やまなみ工房)
装丁・デザイン = 諏訪睦(RISSI INC.)
翻 訳 = 生田恵 / リチャード・ハイド
プリンティングディレクション = 築山万里子

B4変形 100ページ

定価 4,000円(税別)

DOMANI

DOMANI(2014年3月号)に、NUDE:PR-yのジャケット(13SS)とTシャツ(14SS)が掲載されました。着用しているのはミュージシャンの清春さんです。

it's a new day

堂珍嘉邦の新曲ミュージックビデオで NUDE:PR-y が着用されました。

NUDE:PR-y 2014SS EXHIBITION IN OSAKA

2014年1月5日の毎日新聞で「NUDE:PR-y 2014SS 大阪展」が紹介されました。

'13 FINAL

清春(黒夢)が「’13 FINAL」のイメージ・フォトブックでNUDE:PR-yを着用 

NUDE:PR-y 2014SS EXHIBITION IN OSAKA

26SAT-27SUN OCT. 2013 at RISSI INC. OSAKA

NUDE:PR-y 2014SS EXHIBITION IN OSAKA

2013年10月22日

毎日新聞朝刊で『NUDE:PR-y』が紹介されました。

ネット版はこちら→ 毎日jp

Get in touch

規模や手段は違えど、PR−yと同じく「共生」をコンセプトに活動されているGet in touchというプロジェクトがあります。国籍・年齢・性別・障害の有無などに関係なく、誰も排除されない「共生社会」を目指すテーマソングのPVに、NUDE:PR-yの最新コレクションが起用されることになりました。

NUDE:PR-y 2014 SS EXHIBITION IN OSAKA

日時:2013年10月26日(土)・27日(日) 13:00 - 20:00
場所:RISSI INC. OSAKA(大阪市中央区船越町1-2-1 渡辺ビル4F)


※どなた様でもご入場いただけます(予約不要)
※HOMME/FEMMEともに全アイテムを展示(試着可)
※オーダー受注制(もちろん商品を見て頂くだけでもOK)
 

NUDE:PR-y FEMME 2014 SS EXHIBITION IN PARIS

2013年9月28日より、パリにてNUDE:PR-y FEMME 2014SSを発表します。

HOMMEに引き続き、滋賀県・やまなみ工房のアーティスト3名(鵜飼裕之さん、岡元俊雄さん、宮下幸士さん)とのコラボレーションラインです。

 

SEPTEMBER 28 - OCTOBER 2

GALERIE ALAIN GUTHARC 7 RUE SAINT-CLAUDE 75003 PARIS

Les Impatients, Montréal

I spent a month back home in July, and during my stay, I took the opportunity to visit Les Impatients, a center offering art workshops and creative spaces for people who had / are dealing with psychiatric issues. This ranges from depression to bipolarity. The name, puns aside, is meant to indicate that the participants are no longer (clinical) patients.

There were a number of differences with Atelier Corners, which I am more familiar with. First is the scale. Working with about 200 impatients in 7 locations, with large galleries and studios, Les Impatients have a much broader scope. Having been established over 20 years ago (at first in a shopping mall!), their output in terms of books, merchandise and so on is impressive (although they really liked ’The Cornerstone’, because they have never done a documentary book like ours). And thanks to their networking, they often collaborate with well established personalities. This allows them to offer more than just working space, including focused workshops and a variety of creative outlets from comics to music.

The other main difference is the situation of the participants. At Corners, the artists are not independent, that is, they could not live on their own. Most have severe forms of autism and Asperger syndrome, and thus conversation is fairly limited. The impatients, however, are for the most part independent and communication is more direct. They asked me questions, made jokes, reacted to my comments; in other words, there were real exchanges. As an example, one impatient was discussing his piece with Laura, the workshop's coordinator. I made a comment, to which he answered: Who are you? I had made the mistake of not introducing myself to him, and his reaction was totally normal. I apologized for my rudeness, and later we went on to have interesting discussions about Japan and art brut amongst others.

This leads me to the art produced at Les Impatients. Although part of the outsider art spectrum, what they produce is fairly unique in that the creators are aware of their production and its place in the art world. Also, the organization prefers to use the term therapeutic art to reinforce the idea that art is a process for the impatients to reintegrate society and communicate with others. And while the terms and activities vary, Les Impatients and Atelier Corners share in the end the same goal, that is to give, through art, a voice to a minority that is not all that different from the so-called majority.

Contrary to Corners, which is mostly government funded, Les Impatients only receives 20% of their funding from the state, meaning they need to raise the other 80%. Corporations play a big role in this, as do private donators. The center also organizes many other funding activities, whether they be auctions, CDs, Valentine Love Letter sets, and so on. Which is better is a difficult question to answer. Dependence on government funding puts you at risk, especially in these days or decreasing social spending. On the other hand, the staff at Les Impatients are constantly working to procure funding, and while some corporations do give year after year, changes in management can spell the end of sponsorship rather quickly.

On a personal level, it was a wonderful visit. As with my visits at Corners, through the interactions with the impatients and the staff, I gained a lot more than I can ever hope to give back. With what I've learned, I look forward to the next activities with PR-y, as some of the things could be adapted here I believe. Also, after talking with the people responsible at Les Impatients and Atelier Corners, the idea of having joint exhibitions was well received by all: the seed has been planted, let's hope it grows into a beautiful fruit tree.

photo and text: Jean-Yves Terreault

NUDE:PR-y HOMME 2014SS EXHIBITION IN PARIS

2013年6月28日、パリにてNUDE:MMとのコラボレーション第二弾を発表します。今季からはレーベル名を「NUDE:PR-y」と改め、2014SSは滋賀県・やまなみ工房のアーティストによる絵画作品をモチーフに展開します。

 

LAKIC SHOWROOM(17 RUE DES FILLES DU CALVAIRE 75003, PARIS)

JUNE 28 - JULY 2 10:00 - 19:00

Japonský Art Brut

私たちは国内のプロジェクトとは別に、日本の知的障害者による創作物を海外のアート関係者に紹介・販売するという活動も行っています。2013年9月18日からプラハの美術館・MUZEUM MONTANELLIにて開催される「Japonský Art Brut」は現存する日本人アーティストによるアールブリュット作品の展覧会で、私たちがこれまでに橋渡ししたアトリエコーナス、やまなみ工房の作品も展示されます。

The third joint project of the Museum Montanelli and the ABCD Civic Association oriented towards spontaneously created art works is focused on contemporary Japanese art brut. The works of the artists who will be represented during the MuMo exhibition have been shown successfully in previous years in the Collection de l‘art brut museum in Lausanne in Switzerland and subsequently in Paris at the Halle Saint Pierre Museum.
The Prague exhibition will be showing works by almost thirty highly talented authors who often work in studios specially adapted for mentally ill and psychologically disadvantaged artists. A representative selection of approximately one hundred drawings, paintings, sculptures and textile works demonstrate the unique esthetic characteristics of Japanese culture, in which their sign system, graphic and also colour minimalism and their feeling for detail, along with traces of contemporary popular culture are reflected. These traditional models are transformed by each of the authors into their own individual, distinctive creative language, thus creating intimate records of their own spiritual feelings.
The aim of the exhibition is not simply to allow the Czech public and foreign visitors an insight into this fascinating and, for us, still exotic creative expression, but also to pose the question of where is today‘s border between creative art and art brut and whether this demarcation is still actually valid.

ABCD COLLECTION

2013年4月22日

私たちは、フランスの研究機関・ABCDの協力を得て、日本の知的障害者による創作物の魅力を海外にも広めています。昨年のアトリエコーナスに続き、今回は滋賀県のやまなみ工房に所属するアーティスト4名の作品23点がABCDコレクションに収蔵されることが決定しました。2014年にパリの「la maison rouge」にて開催される展覧会への出展が決まっています。

やまなみ工房WEBサイト

滋賀県の障害者施設「やまなみ工房」のWEBサイトをプロデュースしました。

www.a-yamanami.jp(2013年4月1日公開)

 

produced by PR-y

creative direction: YOSHIAKI KASATANI (RISSI INC.)
art direction: MUTSUMI SUWA (RISSI INC.)
photos & movies: ROB WALBERS
 

TV SHOW

SMAPの中居正広さん、斉藤和義さん、要潤さん、CHEMISTRYの堂珍嘉邦さん、ロンドンブーツの田村淳さん等がテレビドラマやバラエティ番組で「NUDE:MM × CORNERS × PR-y」を着用しました。 

つながる:ソーシャルメディアと記者(毎日新聞)

2012年12月22日

毎日新聞メディア面の連載コラム『つながる』にて、NUDE:MMとのコラボレーションが紹介されました。(執筆は毎日新聞社会部・石戸諭氏)

 

FASHION PRESS

「NUDE:MM × CORNERS × PR-y」が『FASHION PRESS』で紹介されました。

NUDE:MM × CORNERS × PR-y EXHIBITION IN OSAKA

ファッションデザイナー丸山昌彦さんとPR-yの共同企画によるアパレルライン「NUDE:MM × CORNERS × PR-y」。パリと東京で好評を博した2013春夏コレクションは、大阪にある知的障害者施設「コーナス」に在籍する西岡弘治さんと吉川真美さんの絵画作品をモチーフに、シャツ・ジャケット・ワンピース・パンツ・ストールなどのファッションアイテムをオリジナルで製作したNUDE:MMのアールブリュットシリーズ第一弾。海外でも6カ国のバイヤーからオーダーをいただき、様々なメディアにも取り上げられました。

[日時]2012年11月23(祝)・24(土)・25(日) 11:00-18:00
[場所]RISSI INC. OSAKA(大阪市中央区船越町1-2-1 渡辺ビル4F)

 

photo: Rob Walbers / styling: t2 / hair and make-up: Asako / model: Alisa K.

 

 

 

photo: Rob Walbers / art direction + space design: Mutsumi Suwa (RISSI INC.)

毎日新聞

2012年10月22日

毎日新聞朝刊(社会面)で『NUDE:MM × CORNERS × PR-y』が紹介されました。

NUDE:MM × CORNERS × PR-y 2013 SS EXHIBITION IN PARIS (women's)

2012年9月28日〜10月3日

ファッションデザイナー・丸山昌彦が手がけるブランドNUDE:MASAHIKO MARUYAMAと、アトリエコーナス所属のアーティスト(西岡弘治・吉川真美)によるコラボレーションシリーズ『NUDE:MM × CORNERS × PR-y』のレディースラインをパリで発表。

DATES: SEPTEMBER 28 - OCTOBER 3

TIME: 10:00 - 19:00

PLACE: GALERIE DIX9 (www.galeriedix9.com)
19 RUE DES FILLES DU CALVAIRE 75003 PARIS
METRO: Filles du Calvaire (Line 8)

ABCD GALLERY

2012年7月4日

フランスのABCDギャラリーを訪問。創設者のブリュノ・デュシャルム氏とバルバラ・サファロヴァ会長にお会いしました。アトリエコーナスとの契約書類にサインをいただき、西岡弘治・大川誠・植野康幸の作品(計19点)が正式にABCDコレクションに収蔵されました。

NUDE:MM × CORNERS × PR-y 2013 SS EXHIBITION IN PARIS (men's)

2012年6月30日〜7月5日

ファッションデザイナー・丸山昌彦が手がけるブランドNUDE:MASAHIKO MARUYAMAと、アトリエコーナス所属のアーティスト(西岡弘治・吉川真美)によるコラボレーションアイテムを、パリで開催される『NUDE:MM 2013 SS EXHIBITION IN PARIS』にて発表。


Fashion brand ‘NUDE:MASAHIKO MARUYAMA’ will use works of two artists from Atelier Corners in 2013 Spring/Summer Collection. The collection will be presented from June 30 in Paris. 

56 rue Charlot 75003 Paris France

NUDE:MM 2013 SS EXHIBITION IN PARIS


<opening hours>

June 30 : 13:00 - 19:00

July 1 ~ 5 : 10:00 - 19:00


<venue>

"L MD ART" GALLERY56 rue Charlot 75003 Paris France

Metro : Filles du Calvaire (Line 8) 

République (Lines 3, 5, 8, 9, 11)

+ 33 (0) 1 40 62 97 46 / +44 (0) 7570 276 133

MAKOOT THE MOVIES

2012年6月13日

アトリエコーナスのアーティスト・大川誠が創りだす不思議な人形「Makoot」がアニメーションになりました。初めてコーナスを訪問した際に、当時「まこと人形」と呼ばれていた彼の作品に一目惚れし、勝手に「Makoot(マクート)」と名付けて、これまでにプロモーションや代理販売を手がけてきました。今回、アニメーション作家を中心に活躍する「animation soup」のご協力により、9編のアニメーション作品が完成しました。→ MAKOOT THE MOVIES

ABCD COLLECTION

2012年6月8日

パリとプラハを拠点に活動する世界的なアール・ブリュットの研究機関『ABCD(アー・ベー・セー・デー)』に定期的にコンタクトをとり、アトリエコーナスの作品を紹介してきました。その甲斐あって、コーナスに在籍する西岡弘治・植野康幸・大川誠の作品が、正式にフランスのABCDコレクションに収蔵されることになりました。約1年かかりましたが、日本の小さな施設で創作活動をしている知的障害者による作品の魅力を海外にも広めたいという夢が実現しました。長期に渡り交渉に応じてくれたABCDのBruno Decharme氏に感謝します。もちろんこれがゴールではないので、今後も様々なアプローチで国内の知的障害者の才能や魅力をPRしていきます。

毎日新聞

2012年5月4日

毎日新聞朝刊(教育面)で『THE CORNERSTONE』が紹介されました。

 

THE CORNERSTONE

2012年2月2日

約6ヶ月間に渡り、重度の知的障がい者施設「コーナス」を取材し、彼らの日常生活や創作活動の様子を撮り綴ったフォトブック『THE CORNERSTONE』が発売されました。

CORNERSTONEとは、家づくりの大工が不要と捨てた石が、新しい家をつくるときの基礎の隅石になったという聖書の言葉に由来しています。

(この本の収益金は、創作活動のための画材購入費として全額アトリエコーナスに寄付します。)

 

仕様:B5変形・84ページ・カラー

定価:600円+税

アートディレクション・ブックデザイン:神波豪(RISSI INC.)

1000000人のキャンドルナイト

2011年12月14日

100万人のキャンドルナイト@OSAKA CITY/茶屋町ナイトに「RISSI INC.×アトリエコーナス」としてコラボ出展。コーナスのアーティスト7名の作品22点を展示。展示ブースの装飾・演出はRISSI INC.のスワムツミが担当。翌日12月15日の毎日新聞に掲載されました。

 

関係者や特定の方たちが足を運ぶ傾向が強い「○○○アウトサイダーアート展」や「×××アールブリュット展」ではなく、キャンドルナイトのようなオープンイベントに出展することで、無関心層へのアプローチを狙いました。会場では特に作者のプロフィールを公開せず、興味を持ってブースに寄って来た方たちに口頭で説明するというスタイルにしました。予想以上に大盛況で、ブースに設置していた1,500枚のメッセージカードは一瞬にしてなくなりました。

 

2011年12月15日 毎日新聞朝刊・社会面       

MAKOOT

 

アトリエコーナスに所属するアーティスト・大川誠が創りだすアート作品『makoot』の展示販売開始。
 
初めてアトリエコーナスを訪問した際、大川誠さんがニードルパンチングという手法で創りだす「まこと人形」に一目惚れしました。この作品を勝手に「Makoot(マクート)」と名付け、プロモーションと代理販売を担いたいと申し出て、許可をいただきました。デザイナーやカメラマン、スタイリストなどのクリエイターを中心に多くの方々にご購入いただきました。
 

場 所:株式会社リッシ 大阪本社オフィス内 トコノマギャラリー(WWW.RISSIINC.JP

期 間:2011年10月11日(火)〜  2012年1月31日(火)

ロゴ・ポスターデザイン:大垣ガク

撮影:森山智彦